【阪急杯】ジョイフル、コース変更味方 引き続き好調をキープ

[ 2020年2月26日 05:30 ]

 ジョイフルは重賞初挑戦の前走・シルクロードSで0秒3差7着。吉村師は「(距離は)少し忙しかったけど、よく追い上げてくれた。前走後も順調で使い続けられる丈夫なところが強み」と話しており、引き続き好調をキープしている。舞台は2勝を挙げる阪神へ。「開幕週がどう出るかだが、前走より条件は良くなります」とコース替わりに期待を膨らませた。

続きを表示

「2020 桜花賞」特集記事

「阪神牝馬S」特集記事

2020年2月26日のニュース