【中山記念】ラッキーと初コンタクトのミルコ「大きいね!」

[ 2020年2月26日 13:06 ]

 昨年のエリザベス女王杯を制したラッキーライラック(牝5=松永幹)が、春の大舞台に向けて始動する。

 最終追いは初コンビのM・デムーロを背にしてCWコースへ。余力たっぷりに6F81秒7~1F12秒3をマークした。鞍上は「初めて乗ったからよく分からないけど、状態は良さそうです」とニッコリ。「ストライドが大きい。一緒に走ってたら、そんなに大きいと思わなかったんだけどね」と目を丸くしていた。

続きを表示

「2020 桜花賞」特集記事

「阪神牝馬S」特集記事

2020年2月26日のニュース