【共同通信杯】戦い終えて

[ 2020年2月17日 05:30 ]

 ▼5着ココロノトウダイ(丸山)正直もう少し粘ってほしかった。使えば良くなる。

 ▼6着シングンバズーカ(柴田善)1Fで掛かりかけたけど、すぐ収まってくれた。そこからヨーイドン。現時点では瞬発力の差。のちのちは追いつける。

 ▼7着エン(柴田大)スタートは決まった。道中は手応えも良くて直線も良く伸びたけど、切れ負け。

 ▼8着シコウ(木幡巧)結果的に距離が長かったかも。息を入れてうまく運べてはいたが…。短めの距離で粘り込む競馬がこの馬にはいい。

 ▼9着アジュバント(幸)聞いていたよりハミ掛かりが良く、ついていけた。少しずつ良くなってくると思う。

続きを表示

「2020 桜花賞」特集記事

「阪神牝馬S」特集記事

2020年2月17日のニュース