【東京新馬戦】アキノスマート 5馬身差の圧勝!田中剛師「スムーズな競馬ができた」

[ 2020年2月17日 05:30 ]

<東京4R新馬戦>レースを制したアキノスマート(右端)(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 東京4R新馬戦(ダート1600メートル)は逃げた1番人気アキノスマート(牡=田中剛、父スマートファルコン)が直線で後続を突き放して5馬身差の圧勝。田中剛師は「返し馬から行きっぷりが良くてハナで行くのかなと。スタートを出た瞬間、勢いがありましたし、スムーズな競馬ができた。騎手(横山典)は1600メートルより1200メートルの方がいいのではと言っていた」と話した。次走は未定。 レース結果

続きを表示

「2020 安田記念」特集記事

「鳴尾記念」特集記事

2020年2月17日のニュース