【京都記念】戦い終えて

[ 2020年2月17日 05:30 ]

 ▼4着ノーブルマーズ(シュタルケ)こういう馬場が合っている。反応が良くて最後までしっかり脚を使ってくれた。

 ▼5着アルメリアブルーム(フォーリー)引退レースだし、できれば勝たせてあげたかった。ワンペースで最後のコーナーから脚使えなかった。

 ▼6着アメリカズカップ(和田)道悪はうまいからね。不良馬場になってほしかったくらい。そんなに負けていない。

 ▼7着プリンスオブペスカ(藤井)結構ノメっていて後ろから追いかける感じ。馬場のいい所に出したら伸びてくれました。

 ▼8着ドレッドノータス(坂井)行く馬の後ろでイメージ通り運べました。道中の感じは悪くなかったけどペースが上がってから、しんどくなりました。

 ▼9着ガンコ(松田)長期休養明けで、よく頑張ってくれました。

続きを表示

「2020 桜花賞」特集記事

「阪神牝馬S」特集記事

2020年2月17日のニュース