【小倉・濱田翁C】松坂G3制覇!11年5月以来3度目 弟・侑亮は小田原で同日V、特昇成功

[ 2020年2月17日 05:30 ]

3度目のG3優勝を手にし、カップを手に笑顔を見せる松坂
Photo By スポニチ

 松坂洋平(37=神奈川・89期)が11年5月の平塚以来、通算3度目のG3制覇。レースは単騎の金子が前受けして以下、松坂―海老根―渡辺―近藤―佐々木―浜田―取鳥―大川の順で周回。打鐘前に取鳥―大川が上昇するが佐々木―浜田が勢い良く叩いて主導権を奪う。松坂は取鳥をさばいて3番手をキープ。取鳥は後方に車を下げる。佐々木―浜田―松坂―海老根―渡辺―近藤―金子―取鳥―大川で最終バックを通過。後方の金子、取鳥がまくるが共に不発に終わる。3番手でじっくり脚をためていた松坂が直線で鋭く伸び切って1着でゴールを駆け抜けた。

 引き揚げてきた松坂は「最低でも中団は欲しかった。いい位置をキープできたのが勝因」と冷静に振り返った。久しぶりにG3優勝の美酒を味わったが、ひと足先に弟・侑亮(21=115期)が小田原で完全Vを決めチャレンジから1、2班への特別昇班に成功したとあり二重の喜びになった。「上(特別競輪)でも活躍できるよう頑張りたい」。近い将来、S級で松坂兄弟の息の合った連係を見るのが今から楽しみだ。

 優勝した松坂の次回斡旋は静岡記念(21~24日)、2着の海老根は玉野F1(23~25日)、3着の浜田は立川F1(3月2~4日)。

続きを表示

「2020 安田記念」特集記事

「鳴尾記念」特集記事

2020年2月17日のニュース