【京都記念】3着フーリッシュ 瞬発力で負けた「相手の方が一枚上だった」

[ 2020年2月17日 05:30 ]

<京都記念>3着に敗れたステイフーリッシュ(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 ステイフーリッシュが3着に粘り、1→2→3番人気での決着。道中、離れた2番手から直線早めに先頭に立ったが、牝馬2頭の決め手に屈した。岩田康は「早めに抜け出す自分の競馬はできているけど、相手の瞬発力が一枚上だった」とサバサバした表情。矢作師は「一生懸命に走ってくれているよ。今後?G1では足りないしG2、G3では(重量を)背負わされるから」と次走については思案顔だった。 レース結果

続きを表示

「2020 桜花賞」特集記事

「阪神牝馬S」特集記事

2020年2月17日のニュース