【共同通信杯】2着ビターエンダー 鼻差で涙のんだ「最後までファイトしてくれた」

[ 2020年2月17日 05:30 ]

<共同通信杯>レースを制したダーリントンホール(右)と2着のビターエンダー(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 向正面でハナを奪い、レースの主導権を握ったビターエンダーが2着。直線残り200メートルからはダーリントンホールと一騎打ち。最後は首の上げ下げ。わずかに鼻差で涙をのんだ。初コンビのミナリクは「ゲートが良くない印象だったが、凄くいいスタートを決められた。リズム良く折り合って、最後までファイトしてくれた。勝ちたかったが強い馬が1頭いたよ」。目前でスルリと逃げたJRA初タイトルを残念がった。相沢師は「やはり府中は走る。先が楽しみになった」と納得の表情。皐月賞に登録するが、賞金不足で除外の場合は青葉賞からダービーを目指すプランも考える。

続きを表示

「2020 桜花賞」特集記事

「阪神牝馬S」特集記事

2020年2月17日のニュース