東海Sで重賞初Vエアアルマス骨折…池添学師「全治分からない」

[ 2020年1月29日 05:30 ]

東海Sを制したエアアルマス(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 26日の東海Sで初重賞制覇を飾り、次走に予定したフェブラリーSでG1制覇を期待されていたエアアルマス(牡5=池添学)が右前脚を骨折していたことが28日、分かった。池添学師は「レース後の上がり運動で歩様がおかしくなった。残念です。明日(29日)に手術を行う予定。全治も今のところは分からない」と沈痛な表情で話した。

続きを表示

「2020 桜花賞」特集記事

「阪神牝馬S」特集記事

2020年1月29日のニュース