サンクテュエール桜直行 アーモンドアイと同じ“黄金ローテ”

[ 2020年1月29日 05:30 ]

 シンザン記念で重賞初Vを飾ったサンクテュエール(牝3=藤沢和)は牝馬クラシック初戦の桜花賞(4月12日、阪神)に直行することが決まった。キャロットクラブがHPで発表した。シンザン記念で牡馬相手に重賞初Vを飾って桜花賞直行は18年の牝馬3冠馬アーモンドアイと同じ“黄金ローテ”となる。

 また、ジュニアCで3勝目を挙げたサクセッション(牡3=国枝)はNHKマイルC(5月10日、東京)を今春の最大目標にすることになった。同HPで発表。ステップは検討中でスプリングS(3月22日、中山)が候補の一つに挙がっている。

続きを表示

「2020 桜花賞」特集記事

「阪神牝馬S」特集記事

2020年1月29日のニュース