【シルクロードS】セイウンコウセイ、高松宮記念へ弾みをつけたい一戦 上原師「58キロは想定内」

[ 2020年1月29日 05:30 ]

 前走スワンSで8着に敗れたセイウンコウセイ。先行馬総崩れの流れに上原師は「展開も向かなかった。この馬は好位で気分良く自分のペースで行けるか。それに尽きる馬だから」と悲観はしていない。今回は前走以来3カ月ぶりの実戦だが「先週びっしりやって体も絞れてきた。58キロも想定内。出来も悪くないので」と好感触。春の最大目標である高松宮記念(3月29日、中京)へ弾みをつけたい一戦だ。

続きを表示

「2020 フェブラリーS」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2020年1月29日のニュース