【ジャパンC】ブーケドール 最終追いへ手応え「体締まってる」

[ 2019年11月20日 05:30 ]

ジャパンCに出走するカレンブーケドール
Photo By スポニチ

 カレンブーケドールは火曜朝は角馬場から坂路1本のメニュー。4F68秒5でゆったりと登坂し最終追いに備えた。「前走(秋華賞2着)の疲れもなく、すぐに体も戻った。中間は厩舎で調整して、体も締まっている」と鈴木助手は語った。厩舎としては昨年のアーモンドアイに続く連覇が懸かる一戦。「相手は強いが53キロは魅力。着実に走ってくれるし東京も合うのでチャンスはあると思う」と手応え十分で挑む。 ジャパンC

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2019年11月20日のニュース