【ジャパンC】V条件整ったワグネリアン満点!リチャードも甲乙つけがたい存在

[ 2019年11月20日 05:30 ]

ジャパンC出走予定馬の傾向採点表
Photo By スポニチ

 過去10年の結果から傾向を探り、重要項目をそれぞれ10点満点で採点する。

 (1)前走 天皇賞・秋組が【5・5・7・44】と断然強いレース。また前走4着以下からの巻き返し例も天皇賞・秋組に限定されている。続くのは京都大賞典の【2・1・0・13】、秋華賞の【2・0・1・2】。今年は天皇賞1~3着組が不参戦だが、4着以下からの巻き返しもあるだけに天皇賞組は全て10点。京都大賞典3着以内、秋華賞3着以内は9点。上記3レース以外の前走1、2着馬は8点。全てに該当しない馬は7点。

 (2)年齢 4歳が【4・4・2・41】、5歳が【3・4・4・34】、3歳が【3・2・2・20】と成績は接近しているが、4歳がわずかにリードしている。4歳が10点、5歳が9点、3歳が8点。問題は6歳以上で過去10年では連対(1、2着)が全くなく、7歳馬が3着に2頭入っているだけ。従って、6歳以上の馬は全て7点。

 (3)実績 優勝馬10頭中、9頭はジャパンC優勝以前にG1制覇の実績があった。ただ1頭の例外の17年シュヴァルグランも同年春の天皇賞で2着とG1連対実績があった。G1馬は10点、G1連対馬は9点。G2優勝馬は8点、それ以外の馬は7点。

 結論 満点はワグネリアン。直結する天皇賞・秋(5着)で、今年のJC組で先着を許したのはユーキャンスマイルだけ。JCに強い4歳、G1優勝歴とV条件は整っている。スワーヴリチャードは5歳の分の次位(29点)だが、甲乙はつけがたい。

続きを表示

この記事のフォト

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2019年11月20日のニュース