【ジャパンC】ワグネリアン 折り合い大丈夫「2400メートルでも期待」

[ 2019年11月20日 05:30 ]

<ジャパンC>坂路を駆け上がるワグネリアン(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 川田との新コンビで臨むワグネリアンは火曜朝、坂路を軽く流して4F62秒4~1F14秒4。友道師は「最終追い切りで川田騎手に感触を確かめてもらいます」と話した。前走の天皇賞・秋は不利な外枠(7枠14番)から5着まで追い上げた。「前走はよく頑張ってくれた。以前ほどガツンといくことがなくなった。折り合いはつくので、2400メートルでも期待しています」と巻き返しを狙う。 ジャパンC

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2019年11月20日のニュース