【マイルCS】カテドラル、馬なりで11秒9 池添学師「前走より軽やかに走っていました」

[ 2019年11月14日 05:30 ]

坂路単走で追い切られたカテドラル
Photo By 提供写真

 カテドラルは坂路単走でピッチの利いたフットワーク、馬なりで4F54秒7~1F11秒9と伸びやかに駆けた。池添学師は「ハロー(整地)明けとはいえ後半の時間帯だし、しまいは時計が出ましたね。リズム良く、前走より軽やかに走っていました」と好ムード。前走は出負けもあっただけに「五分のスタートを切ってほしい。あとはその部分だけ。メンバーは強くなるけど一発あってもと思います」と締めくくった。

続きを表示

「根岸S」特集記事

「シルクロードS」特集記事

2019年11月14日のニュース