【マイルCS】ダイアトニック、マイル実績不安を鞍上でカバーできるか

[ 2019年11月14日 05:30 ]

追い切り後、厩舎周りで運動を行うダイアトニック(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 【取捨選択・ダイアトニック】ダイアトニックは“スミヨン効果”で相当な人気になるだろうが、積極的には買いたくない。前走・スワンSは2着馬モズアスコットより1キロ軽い別定56キロ。さらに当時の京都の芝はAコース使用4週目で典型的な外差し馬場。結果的には外寄り17番枠も味方した。少なくとも、2着モズアスコットの方がはるかに強い競馬をしている。

 今回は200メートル延長も重い課題。京都芝は5戦5勝と合うのだが、いずれも1400メートル戦。マイルは17年12月の新馬戦(阪神)を最後に勝ち星がなく、前で運んでも差しに回っても甘さが残る現状。天皇賞組や毎日王冠組と新たな強敵が参入する今回は、実績面では一枚落ちる。鞍上の勢い&腕だけでG1の壁を突破できるか?

続きを表示

「2019香港国際競走」特集記事

「2019 阪神JF」特集記事

2019年11月14日のニュース