【スワンS】グァンチャーレ、仕上がり太鼓判 陣営「去年より具合はいい」

[ 2019年10月24日 05:30 ]

坂路で調整するグァンチャーレ
Photo By スポニチ

 安田記念(4着)以来の実戦となるグァンチャーレ(牡7=北出)は坂路単走。4F51秒7~1F12秒6をマークした。久々を感じさせない力強い動き。鳴海助手は「予定通りでしっかり動いた。ローテーションは違うが去年より具合はいい」と仕上がりに太鼓判を押した。昨年は半馬身差の3着に惜敗。「ここ1年で競馬の内容が安定した。松岡騎手と手が合うし期待したい」と力を込めた。

続きを表示

「2019 マイルCS」特集記事

「東京スポーツ杯2歳S」特集記事

2019年10月24日のニュース