【天皇賞・秋】福永“宝物”ワグで2強撃破だ「期待してもらっているので何とか結果で応えたい」

[ 2019年10月24日 05:30 ]

福永祐一騎手
Photo By 提供写真

 「インタビュールーム ウマい話あり」はワグネリアンに騎乗する福永祐一(42)に直撃した。。

――前走・札幌記念(4着)を振り返って。
 「追い切りから動きが良く、レースではスタートもうまく出て、スピードの乗りも良かった。立ち回りのうまさも今までにない感じ。3角では勝利を確信するくらいの手応えだった」

 ――両前脚を落鉄し、直線では伸び切れなかった。
 「落鉄が大きかったと思う。明確な敗因があるし、悲観する内容ではなかった」

 ――成長を感じた部分は?
 「後駆(こうく=トモ)がたくましくなって走り方のバランスが良くなった。だからスタートも出てくれたんだと思う。体の成長がレースにいい形で現れている」

 ――イレ込みやすい面もあるが精神面の成長は?
 「前走は(北海道)滞在競馬で精神状態も良かった。ダービーでもパドックでカッカしていたし、多少のイレ込みくらいならいつものこと。気にしなくていい」

 ――今回は2戦2勝の東京コースに舞台が替わる。
 「右回り、左回りに得意不得意はないが、長く脚を使えるタイプで、コーナーでも置かれるところがある馬なので直線が長く広いコースが合う」

 ――東京2000メートルのイメージは。
 「枠の有利不利があるコース。一概には言えないが外枠が不利。作戦は枠が決まってからいろいろと考えたい。成長してレースの幅が出てきたし、今の彼にとってはこの条件はベストだと思う」

 ――デビューから大事に育ててきた。
 「修正しなければならない点はもうない。あとはいかにタイトルを重ねていけるか。全レース勝つことだけを意識していく段階に入っている。力を出し切れれば、他の馬と遜色ない力はある」

 ――初めて共にダービーを勝った馬。やはり思い入れは強いか?
 「非常に思い入れがある。自分にとっては宝物のような存在。まず第一に無事に競走馬生活を終えてほしいという思いもあるが、1つでも多くG1を一緒に勝ちたい」

 ――最後に意気込みを。
 「馬の体調はいい。いつも期待してもらっているので何とか結果で応えたい」

続きを表示

「2019 マイルCS」特集記事

「東京スポーツ杯2歳S」特集記事

2019年10月24日のニュース