【紫苑S】菜七子 無念9着も「重賞メンバー相手でもよく走ってくれた」

[ 2019年9月8日 05:30 ]

<紫苑S>9着でレースを終えた藤田菜七子騎乗のスパークオブライフ(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 自身18度目の挑戦でJRA重賞初制覇を目指した藤田菜七子騎乗のスパークオブライフは9着に終わった。道中は最後方を追走。4角でスムーズに大外に持ち出したが、前には届かなかった。「少しポジションが後ろになったが、この馬のリズムを大切に乗った。重賞のメンバー相手でもよく走ってくれたし、自己条件なら頑張れると思う」と前を見据えた。この日は5鞍に騎乗して未勝利。JRA女性騎手年間最多勝記録更新(28勝)は中山で7鞍に騎乗する8日以降に持ち越しとなった。

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2019年9月8日のニュース