【京成杯オータムH】ディメンシオン2着 北村宏「予想外に前がしぶとかった」

[ 2019年9月8日 16:31 ]

 8日の中山メイン「第64回京成杯AH」(G3、芝1600メートル)は横山典弘騎乗の4番人気トロワゼトワル(牝4=安田隆)が1分30秒3の日本レコードで逃げ切った。

 3番手追走から2着に粘った5番人気ディメンシオンに騎乗した北村宏は「馬場と枠も考えてポジションにこだわった。予想外に前がしぶとかったが、この馬も最後まで歯を食いしばって頑張ってくれた」とパートナーをねぎらっていた。

続きを表示

「2019香港国際競走」特集記事

「2019 阪神JF」特集記事

2019年9月8日のニュース