【紫苑S】ルーラー産駒ワンツー!フェアリーポルカ 内強襲で迫った2着

[ 2019年9月8日 05:30 ]

<紫苑S>惜しくも2着となったフェアリーポルカ(左)(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 内を突いて末脚を伸ばしたフェアリーポルカが2着。JRA重賞では初のルーラーシップ産駒のワンツーとなった。鞍上の三浦は「あともうちょっとだった。勝負どころで追い出しを少し我慢する場面があって、最後はその分の差だと思う」と悔しがった。オークス(16着)以来の実戦で馬体重は16キロ増。西村師は「夏場もしっかり調教を積んで大きく成長してくれた。休み明けでいい競馬ができたし、次につながる」と本番を楽しみにしていた。

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2019年9月8日のニュース