【阪神新馬戦】クラヴァシュ あっさり差し切り「反応が良かった」

[ 2019年9月8日 05:30 ]

 阪神5R新馬戦(芝1600メートル)は1番人気のクラヴァシュドール(牝=中内田、父ハーツクライ)が上がり3F33秒1の素晴らしい脚を繰り出し、あっさりと差し切った。藤岡佑は「初戦としては非常にいい内容。仕掛けてからの反応が良かったし、抜け出してからもよく伸びました」と絶賛。今後について「距離も多少は融通が利きそうだし、いろいろと可能性はある馬です」と話した。

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2019年9月8日のニュース