【阪神新馬戦】フェアレスト 人気に応えV!川田も期待「これからの成長を待ちたい」

[ 2019年9月8日 05:30 ]

 阪神4R新馬戦(芝1400メートル、牝馬限定)は単勝1・4倍のフェアレストアイル(中内田、父ディープインパクト)が好位追走から直線で抜け出し、人気に応えた。川田は「血統馬なので、勝ち上がれて何よりです。性格、体はまだまだ幼いので、これからの成長を待ちたいですね」と期待を寄せた。全兄ミッキーアイルは秋の阪神開幕日の新馬戦(芝1600メートル)で2着に敗れたが、その後5連勝でNHKマイルCを制した。次走は未定だが、妹もどこまで出世するか楽しみだ。

続きを表示

「2019香港国際競走」特集記事

「2019 阪神JF」特集記事

2019年9月8日のニュース