【セントウルS】タワーオブロンドンVでサマースプリント王者!ルメール「すごくいい脚を使った」

[ 2019年9月8日 16:13 ]

<阪神11R・セントウルS> コースレコードを叩き出し、圧勝したタワーオブロンドン (撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 8日の阪神メイン「第33回セントウルS(G2)」は1番人気タワーオブロンドンが1分6秒7のコースレコードでV。5月の京王杯スプリントC以来、重賞4勝目を挙げた。

 サマースプリントシリーズ最終戦を制し、逆転で見事にサマースプリントチャンピオンに輝いた。鞍上のルメールは「めちゃくちゃ強かった。ペースもちょうど良かったし、直線はすごくいい脚を使った」と振り返った。

続きを表示

この記事のフォト

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2019年9月8日のニュース