【エルムS】追ってひと言

[ 2019年8月8日 05:30 ]

 ▼グリム(野中師)しまいをサラッと。派手にはやってないけど、動きはいいですね。

 ▼サトノティターン(上原助手)素軽い動き。手応えも良くて最後まで引っ張ったまま。毛ヅヤがいいし滞在が合っている。

 ▼サングラス(古川)しまい重点の内容だったので反応は良かった。展開が向いてくれれば。

 ▼スーパーステション(角川秀師)前走は辛勝でしたが、帝王賞の負け(11着)を引きずらなくて良かったと思っています。

 ▼タイムフライヤー(松田師)いい時計でした。調教は動きますからね。血統面も考えて挑戦する気持ちで初ダートへ。

 ▼テーオーエナジー(宮師)追い切りはしまい重点で。休み明けでも、そこそこ態勢は整っています。特にハナにはこだわっていません。

 ▼ドリームキラリ(坂井)大沼Sを使えなかった分、順調ではない感じ。歩様に硬さもあるしいいときと比べると。

 ▼ハイランドピーク(石井助手)前回と体はあまり変わらないけど動きは良かった。

 ▼モズアトラクション(河北助手)ラスト1Fの感触を確かめる感じ。体調は変わらずいいですね。

 ▼モルトベーネ(田中淳師)このメンバーに入っても実績は遜色ないので、流れをつかめばチャンスはあるでしょう。

 ▼レッドアトゥ(松田師)エンジンがかかった時のトップスピードは通用すると思います。

続きを表示

「2019 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2019年8月8日のニュース