【エルムS】ヴェリテ 偉業へ好状態キープ、1F12秒5

[ 2019年8月8日 05:30 ]

前走のマリーンSを制したリアンヴェリテ(左)
Photo By スポニチ

 日曜札幌メインの「第24回エルムS」で、リアンヴェリテが史上初の偉業に挑む。今夏は大沼S→マリーンSを連勝中。現行条件となった01年以降“北海道砂3冠シリーズ”を制した馬はなく勝てば史上初となる。札幌ダートコースでの追い切りはラスト強めに追われ、5F66秒0~1F12秒5の好時計。山本助手は「動きは良かったですね。良い状態を維持しているイメージ。ため逃げすると切れ負けするので、自分の競馬ができれば頑張ってくれると思う」と期待していた。

続きを表示

「2019 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2019年8月8日のニュース