【宝塚記念】戦い終えて

[ 2019年6月23日 16:39 ]

<阪神11R・宝塚記念> 4コーナーを通過する各馬(左から3頭目(12)がリスグラシュー)  (撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 4着=アルアイン(北村友)考えていたレースは出来たが、4コーナーの手応えが前回より良くなかった。最後は1ハロン長いのか、馬場が悪いのか。

 6着=ノーブルマーズ(高倉)外枠だったので行けるところまで行った。馬場に脚を取られ、スピードに乗れなかった。

 7着=スティッフェリオ(丸山)勝ち馬に来られたが、馬混みでも大丈夫なのであの位置から。向こう正面で手前替えなかったりしたが力を付けていると思う。これからの馬です。

 8着=クリンチャー(三浦)自分で動いてあの位置に。3角から踏んで行ったが…。最後は一生懸命走ってくれた。

 9着=エタリオウ(横山典)攻め馬は良かったがレースで動けなかった。バテている感じ。気が悪いんじゃなくて、天皇賞の疲れもあったようだ。

 10着=ショウナンバッハ(吉田豊)道中はいい感じだったが3コーナーから速くなって苦しかった。

 11着=マカヒキ(岩田康)馬場を気にしているのか。

 12着=タツゴウゲキ(秋山)最後は息切れした感じ。次に無事に良くなってくれれば。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「函館2歳S」特集記事

2019年6月23日のニュース