【宝塚記念】ドバイ帰りレイデオロ2番人気5着 ルメール「ずっと同じ速さで走っていた」

[ 2019年6月23日 16:57 ]

<阪神11R・宝塚記念> 4コーナーを通過する各馬(左から3頭目(12)がリスグラシュー)  (撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 名誉ばん回を期して臨んだサマーグランプリはホロ苦い結果に終わった。ドバイ帰りのレイデオロ(牡5=藤沢和、父キングカメハメハ)は2枠(2)番から道中、中団待機。内ラチ沿いで脚はたまっていたかに見えたが3、4コーナーでルメールが激しく手を動かしても反応がない。直線もエンジンに火がつくシーンはなく伸びずバテずの5着に終わった。ルメールが悔しそうに振り返る。

 「ずっと同じ速さで走っていた。この馬場でスッと反応できなかったし、内の狭いところで加速できず。馬は良かったけど…」

 2年続けて参戦したドバイシーマクラシックは昨年4着、今年が6着とナイター競馬にとまどったのか不本意な敗戦。だからこそ、この帰国初戦は何としても結果を出したかった。藤沢和師は「予定通りのポジションで運べたけど内側にいて気を使ったのか流れ込んだだけ。脚を使えなかった」と首をひねる。このあとは放牧へ。オーナーのキャロットファームにとっては同じく所有している1着リスグラシューと明暗がクッキリ分かれる結末。秋田博章代表は「秋は古馬3冠(天皇賞、ジャパンC、有馬記念)に行こうと思っていたけどジョッキーの兼ね合いもあるし、また考えます」と視線を先にやった。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「函館2歳S」特集記事

2019年6月23日のニュース