【阪神牝馬S】傾向と対策

[ 2019年4月6日 05:30 ]

 過去10年の結果から傾向を探る(15年まで1400メートル、16年から1600メートルで施行)。

 
 ☆前走 千四時代はマイル以下からの臨戦馬が好走したが、千六となってからはマイル以上で牡馬相手に善戦してきた馬が活躍。
 
 ☆実績 連対20頭中19頭が3勝以上で絶対条件。
 
 ☆年齢 4歳馬が9年連続で計13連対と圧倒。5歳馬が5連対で続く。高齢馬は苦戦傾向。
 
 ☆外枠優勢 6枠から外が9連対。一方、1、2枠はそれぞれ1勝ずつと振るわず。
 
 結論 ◎レッドオルガ 〇ラッキーライラック ▲カンタービレ

続きを表示

「2019 マイルCS」特集記事

「東京スポーツ杯2歳S」特集記事

2019年4月6日のニュース