【桜花賞】(8)グランアレグリア 馬体減大丈夫

[ 2019年4月6日 05:30 ]

 北馬場のCコース(ダート)を1周半キャンターで回り、最終調整を終えたグランアレグリア。藤沢和師は「軽めにやって順調」と穏やかな口調で話した。3日の時点で馬体重が前走からマイナス2キロだが、新馬から朝日杯FSまでに24キロ増えただけに「(週末は)暖かくなるし少し体重は減るかもしれないけど心配ない」と悠然と構えた。

続きを表示

「2019香港国際競走」特集記事

「2019 阪神JF」特集記事

2019年4月6日のニュース