【プラスα・阪神4R】前走一変

[ 2019年4月6日 05:30 ]

 <阪神4R・アレス>ダート2戦はしまいが甘くなったが、初芝の前走で粘り腰を発揮して首差2着。芝の方が先行力が生きる。1分22秒5の走破時計もこの相手なら合格点。番手可能な自在性も魅力。

続きを表示

「2019香港国際競走」特集記事

「2019 阪神JF」特集記事

2019年4月6日のニュース