【万哲の乱 特別編】6日阪神11R 阪神マイルこそでサラキアの爆発力

[ 2019年4月6日 08:00 ]

 阪神11R・阪神牝馬Sは休み明けでも◎サラキアが注目。今回と同じ阪神マイルに参戦するのは、3歳時の昨年3月チューリップ賞(4着)以来、約1年1カ月ぶりのこと。当時は新馬戦を勝った直後の2戦目。それでも、既に阪神JFを制していた勝ち馬ラッキーライラック(本日このレースに出走)から0秒7差で続いた。3歳春の時点でのキャリア差を考えれば、相当なパフォーマンス=潜在能力といっていい。

 休養前のスポニチ賞京都金杯(7着)は良馬場発表でもボコボコした冬場の芝が響いた。きれいな芝で時計勝負が理想。昨秋のローズS(2着)では勝ち馬カンタービレを上回る上がり3F33秒4の切れを駆使。S~Mペースからの差し比べは最も力を出せる。

 《もうひと押し》中山9R・野島崎特別は◎オスカールビー。中山は3戦連続出走だが、前2戦より“高速馬場化”しているのは好都合。同型馬は多くてもイン逃げの一手。

続きを表示

「2019香港国際競走」特集記事

「2019 阪神JF」特集記事

2019年4月6日のニュース