【阪神牝馬S】戦い終えて

[ 2019年4月6日 16:59 ]

 ▼2着=アマルフィコースト(坂井)状態はよかった。距離の選択肢が広がりました。

 ▼3着=ミエノサクシード(川島)いい位置で運べた。最後までよく頑張っています。

 ▼4着=ダイアナヘイロー(武豊)折り合いがついてよく頑張った。

 ▼5着=クロコスミア(岩田)抜け出すスペースがなかった。開いていれば伸びていたと思う。

 ▼6着=カンタービレ(Mデムーロ)壁になって狭かった。でもよく頑張ってくれています。

 ▼7着=レッドオルガ(北村友)位置が後ろになって、3~4角でスピードに乗せられなかった。

 ▼9着=サトノワルキューレ(浜中)後ろの馬に不向きな流れになった。

 ▼10着=サラキア(池添)折り合いはついたけどペースが流れなかった。

 ▼11着=リバティハイツ(福永)スローでも位置取りは悪くなかったけど、あまり伸びなかった。

 ▼12着=ベルーガ(中井)最後は詰め寄られたが、頑張ってくれました。

 ▼13着=メイショウオワラ(秋山)3角手前でブレーキを踏んでしまった。

 ▼14着=ワントゥワン(シュタルケ)もう少し前につけたかった。直線は狭くなってしまった。

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2019年4月6日のニュース