【桜花賞】2頭出し藤沢和師、G1出走回数単独1位252回

[ 2019年4月6日 05:30 ]

 04年にダンスインザムードで桜花賞を制している藤沢和調教師は、今回はグランアレグリア、シェーングランツの2頭出しで挑む。同師はJRA最多のG1・27勝を挙げているが、今回の2頭が無事に出走すれば、G1出走回数でも単独トップの252回となる。また、シェーングランツに騎乗予定の武豊には、岡部幸雄、安藤勝己、横山典弘に続いて史上4人目となる50代でのJRA・G1制覇が懸かる。ちなみに、武豊は桜花賞で歴代最多の5勝を挙げている。

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2019年4月6日のニュース