【京都新聞杯】追ってひと言

[ 2018年5月3日 05:30 ]

 ▼アールスター(杉山師)いい動き。ここでもそんなに差はないはず。

 ▼アドマイヤアルバ(須貝師)血統的に距離は大丈夫。

 ▼アルムフォルツァ(五十嵐師)中1週だけど出来はキープしている。

 ▼インターセクション(大久保師)むちゃくちゃ元気。

 ▼グローリーヴェイズ(尾関師)いい感じで反応も良かった。

 ▼ケイティクレバー(四位)まだ力が付き切っていないが、凄くいい馬。

 ▼シャルドネゴールド(池江師)ソエが固まったので、しっかり乗り込めた。

 ▼ステイフーリッシュ(矢作師)攻めはそんなに動かない馬。

 ▼メイショウテッコン(中塚助手)出来は凄くいい。

続きを表示

「伝統の古馬長距離G1 天皇賞(春)」特集記事

「青葉賞(G2)」特集記事

2018年5月3日のニュース