【京都新聞杯】フランケル順調 しっかり併入で好時計マーク

[ 2018年5月3日 05:30 ]

CWで3頭併せで追い切りするタニノフランケル(手前)、レトロロック(右奥)
Photo By スポニチ

 「第66回京都新聞杯」(5日、京都)の追い切りが東西トレセンで行われた。母ウオッカの良血タニノフランケル(牡=角居)は重賞初挑戦。この日はCWコースでレトロロック(6歳オープン)を5馬身ほど追い掛け、しっかり追われて併入。6F79秒2〜1F12秒0の好時計をマークした。手綱を取った幸は「いい動き。良血らしい雰囲気を感じます」と笑顔。前走500万下は逃げて4馬身差の圧勝。ここも勝って、母子ダービー制覇に望みをつなげるか。

続きを表示

「春の電撃戦 高松宮記念」特集記事

「マーチS(G3)」特集記事

2018年5月3日のニュース