【NHKマイルC】テトラ騎乗の田辺 小西厩舎に納得の“長居”

[ 2018年5月3日 05:30 ]

 【隠れ話 こぼれ話】騎手が調教の合間の空き時間を過ごす場所は大きく調教スタンドと厩舎の大仲(スタッフ控室)に分かれ、田辺は後者。フリーとなった今でも小西厩舎の大仲で休息を取っている。調教騎乗の少ない金曜などは丸山ら後輩騎手が駆けつけて“ゲーム部屋”と化すことも。「モンスターストライク」などがお気に入りだというが、あくまで息抜き程度なので念のため。

 記者陣も田辺の話を聞きに小西厩舎を訪れることが多いが、大勢の記者が詰めかけてもスタッフは嫌な顔一つせず気さくに対応してくれる。田辺はトップ騎手となった後も16年まで厩舎所属を続けたが、“長居”したくなるのも納得できる雰囲気がある。今でも小西厩舎所属馬を「ウチの馬」と言うように人一倍強い厩舎愛。念願のG1でこん身の騎乗が見られるに違いない。

続きを表示

「ドバイワールドカップデー」特集記事

「春の中距離王決定戦 大阪杯」特集記事

2018年5月3日のニュース