【NHKマイルC】パクスアメリカーナ、芝コースを豪快に

[ 2018年5月3日 05:30 ]

川田が騎乗し、芝コースで追い切られたパクスアメリカーナ
Photo By 提供写真

 パクスアメリカーナは開門直後の芝コースに登場、川田を背に5F68秒6〜1F11秒9をマーク。豪快なストライドで駆け抜けた。猿橋助手は「川田さんに乗ってもらって確認してもらった。順調に来てます」と手応えを告げた。先週は木、日曜とCWコースで時計を出し、この中間も中身の濃い攻めを消化している。父クロフネは01年の勝ち馬、同産駒はここ3年で2勝の実績がある。全姉ホエールキャプチャは桜花賞2着からオークス3着。翌年には同時期、同コースのヴィクトリアM勝ち。舞台適性は申し分ない。一走ごとにステップアップする良血が大輪の花を咲かせる。

続きを表示

「春の電撃戦 高松宮記念」特集記事

「マーチS(G3)」特集記事

2018年5月3日のニュース