【新潟大賞典】トリオンフ、坂路で迫力満点の動き 松田太鼓判

[ 2018年5月3日 05:30 ]

松田を背に坂路で追い切るトリオンフ
Photo By スポニチ

 日曜新潟11R「第40回新潟大賞典」の追い切りが行われた。トリオンフ(セン4=須貝)は松田を背に迫力満点の動き。坂路で派手なアクションはなかったが、ダイナミックな脚さばきでラスト2Fは12秒2→12秒4の好時計をマークした。鞍上は「動きは本当に良かったし、状態は申し分ないです」と太鼓判。レースでは初コンビとなるが「新潟のコースも気にならないし、自信を持って乗りたい」と力を込めた。

続きを表示

「伝統の古馬長距離G1 天皇賞(春)」特集記事

「青葉賞(G2)」特集記事

2018年5月3日のニュース