【船橋・かしわ記念】戦い終えて

[ 2018年5月3日 05:30 ]

 ▼2着オールブラッシュ(田辺)枠もあったし逃げるつもりだった。道中もリズム良く走っていたし、最後までよく頑張った。

 ▼3着インカンテーション(三浦)手応え良く直線を向いていけると思ったが…。内容は一番だったが展開がきつかった。

 ▼4着ノンコノユメ(内田)理想的に運べたが、コーナーで少し置かれたのが痛かった。最後も伸びてはいたが。

 ▼6着モーニン(和田)馬の状態が良すぎた分、前半が速かった。もう少し抑えて行ければ良かった。

 ▼7着ヒガシウィルウィン(森)休み明けの分、緩さがあったがまずまず。このメンバーでよく食らいついている。

続きを表示

「伝統の古馬長距離G1 天皇賞(春)」特集記事

「青葉賞(G2)」特集記事

2018年5月3日のニュース