桜花賞馬・アーモンドアイがオークスに向けて帰厩 国枝師「いい雰囲気」

[ 2018年5月3日 16:20 ]

 4月6日の桜花賞を制したアーモンドアイ(牝3=国枝)が3日午後、放牧先のノーザンファーム天栄(福島県)から美浦トレセンに帰厩した。

 2冠が懸かるオークス(20日、東京)に向けて調整される。国枝師は「馬体を見たが特に問題はなく、いい雰囲気。馬の様子を見ながら、いい状態でレースに出せるよう調整を進めたい」と語った。

 9日が締め切りの凱旋門賞1次登録は見送られた。

続きを表示

「ドバイワールドカップデー」特集記事

「春の中距離王決定戦 大阪杯」特集記事

2018年5月3日のニュース