【NHKマイルC】テトラ、鋭い伸び披露 ラスト1F12秒1

[ 2018年5月3日 05:30 ]

田辺を背に坂路を併せで追い切るテトラドラクマ(右)
Photo By スポニチ

 テトラドラクマは田辺が騎乗して坂路で4F52秒6〜1F12秒1。鋭い伸びを披露して大きく先行したフクサンローズ(4歳1000万)と併入に持ち込んだ。桜花賞をパスして勝負を懸ける大一番。小西師は「予定通りの時計。テンションが上がりやすい牝馬だけにリラックスしているのはいいこと。田辺でG1にいけるのはうれしいし、このチャンスを生かせれば」と期待を寄せていた。

続きを表示

「伝統の古馬長距離G1 天皇賞(春)」特集記事

「青葉賞(G2)」特集記事

2018年5月3日のニュース