【東京新聞杯】クルーガー、いい状態キープ

[ 2018年1月31日 05:30 ]

 クルーガーは前走のスポニチ賞・京都金杯で2着。トップハンデ(57・5キロ)に大外枠という厳しい条件を克服して見せ場をつくった。「勝ち馬には切れ負けしたが内容は悪くなかった。賞金加算できたのは大きいですね」と高野師。1週前の坂路は上がり重点に4F51秒3〜1F12秒1の好時計をマーク。「いい状態をキープできている。パワータイプで決め手勝負では分が悪いが、底力を問われる競馬なら。その点では上がりが掛かっている今の東京は合っていると思う」と好勝負を意識した。

続きを表示

「2020 日本ダービー」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2018年1月31日のニュース