【小田原】小田原と相性◎、南関コンビ期待

[ 2018年1月31日 05:30 ]

地元東と“南関ワンツー”を目指す近藤隆司
Photo By スポニチ

 横一線のS級特選で上位独占を狙うのが近藤と東の南関コンビ。近藤は「風邪をひいたけど熱が出たわけでないし、普通に練習していた」と調子自体は変わらない様子。小田原は15年3月F1(1)(1)<1>以来、3年ぶりになるが「以前ほど33に意識はないし今は大丈夫」と自然体で挑む。近藤マークの東は「大宮の初日落車が情けなかったので気を引き締めて頑張りたい」と地元戦に気持ちを込める。東の小田原の成績は16年10月F1(2)(2)<8>、17年7月F1<2>(1)<6>。小田原との相性もいい南関コンビが幸先のいいスタートを切ることができるか。

続きを表示

「2020 日本ダービー」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2018年1月31日のニュース