【きさらぎ賞】オーデットエール、仕上がり合格点

[ 2018年1月31日 05:30 ]

 オーデットエールは今回と同舞台だった前々走の萩Sが2着。決め手比べでは厳しいが、上がりがかかれば浮上する印象だ。今回は3カ月ぶりがどうか。野本厩務員は「今回からの担当なので以前とは比較できないけど、500キロ近くある。前走が474キロだから、かなり成長しているんじゃないかな」と笑顔でコメント。「乗っている助手が“太くない”と言ってるし、息遣いもいいからね」と仕上がりに合格点を与えた。イメージを一新する走りを見せても驚けない。

続きを表示

「2020 日本ダービー」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2018年1月31日のニュース