【新潟記念】マイネルスフェーン、初の“古馬斬り”へ順調

[ 2017年8月30日 05:30 ]

 サマー2000シリーズ最終戦「第53回新潟記念」で3歳馬マイネルスフェーンは古馬と初対戦する。「春と大きく変わった印象はないが、調整自体は順調」と平塚助手。

 昨年暮れのホープフルSでは、後のダービー馬レイデオロに食い下がっての2着と、地力は証明済み。「青葉賞(9着)、ダービー(16着)は距離が長かった。千八から二千がベスト。重賞でも結果を残している馬だし、新潟も合いそう」と期待を持って送り込む。

続きを表示

「春の電撃戦 高松宮記念」特集記事

「マーチS(G3)」特集記事

2017年8月30日のニュース