ダートG1・10勝のホッコータルマエが今年いっぱいで引退

[ 2016年10月13日 05:30 ]

ホッコータルマエ
Photo By スポニチ

 G1・10勝馬ホッコータルマエ(牡7=西浦)が今年いっぱいで現役を引退、来年から種牡馬入りすることが分かった。12日、西浦師が発表した。

 「まだまだ元気だけど、種牡馬になるなら今のタイミングがベストと判断しました。サンデーサイレンスの血が入っていないし、配合しやすいと思います」と西浦師。ラストシーズンとなる今秋、始動戦となった南部杯は3着だったが、「休み明けとしては上等でしょう」と回顧。

 残すはJBCクラシック(11月3日、川崎)、チャンピオンズC(12月4日、中京)、東京大賞典(同29日、大井)の3戦。「何とか一つでもタイトルを増やしたいね」と意気込みを語った。

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「2歳マイル決定戦 朝日杯FS」特集記事

2016年10月13日のニュース