【府中牝馬S】休養明けシュンドルボン 十分に余力残し併入

[ 2016年10月13日 05:30 ]

スールキートスと併せ馬で追い切るシュンドルボン(奥)
Photo By スポニチ

 シュンドルボンが休み明けの不安を一蹴した。Wコースでスールキートス(4歳500万)の10馬身後方から差を詰め、余力たっぷりに併入。

 手綱を取った吉田豊は「リフレッシュされて状態は良さそう。太め感もないし、最後もしっかり反応した」と好感触を得ていた。中山牝馬Sに続く重賞獲りのチャンスが膨らんだ。

続きを表示

「2019香港国際競走」特集記事

「2019 阪神JF」特集記事

2016年10月13日のニュース