【府中牝馬S】順調カフェブリリアント 準OP馬に1馬身先着

[ 2016年10月13日 05:30 ]

 京成杯AH2着のカフェブリリアントが仕上がりの良さをアピールした。Wコースでオコレマルーナ(7歳1600万)を1馬身先行、最後まで気の入ったフットワークで1馬身先着した。

 担当の橋本助手は「しまいもしっかり走れていたし、力は出せる状態」と好感触。「1800メートルも昨年(府中牝馬S3着)こなしている。あとは口向きと折り合い次第」と語っていた。

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2016年10月13日のニュース