【府中牝馬S】シャルール、坂路で12秒6 松永幹師「いい動き」

[ 2016年10月13日 05:30 ]

シャルールは坂路で追い切られ軽快に駆け上がる
Photo By スポニチ

 札幌のクイーンS2着以来となるシャルール(牝4=松永幹)は全休明けの水曜朝、坂路で軽快に動いて4F53秒8~1F12秒6を計時。身のこなしが仕上がりの良さを感じさせる。

 松永幹師は「しまい重点でいい動きでしたよ。充実していますね」と好調をアピール。待望の初タイトルを狙っていく。

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2016年10月13日のニュース